ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2018年12月10・17日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
 都内タクシー大手4社の一角・大和自動車交通(前島忻治社長、グループ本社・江東区)は5日、台湾のタクシー最大手・台湾大車隊(林村田董事長、グループ本社・台北市中山区)との業務提携本契約の調印式を江東区の大和自交本社で行うとともに、今月1日で終了した実証実験結果を踏まえて正規タクシー配車アプリの相互乗り入れを同日付でスタートした。大和アプリから台湾で台湾大車隊のタクシーを呼ぶことができ、台湾大車隊アプリで東京の大和グループタクシーを呼ぶことができるようになった。調印式には大和側から前島社長らが、台湾大車隊側からは李瓊淑総経理らが出席した。
<記事詳細へ>
No.752 12月10・17日合併 主な内容
■巻頭人物:秋山 利裕氏(東タク協副会長)
■気になる数字5/47 17年度輸送実績の日車営収、全国平均以上は5都府県のみ
■ニューススポット
:大和自交、台湾のタクシー最大手と提携調印 〜配車アプリの相互乗り入れ開始
:「0円タクシー」で東京進出 〜DeNA「MOV」運用開始
:「ウーバータクシー」大阪でも 〜未来都と提携、来年1月スタート
:「JapanTaxi」で大筋合意 〜関協社長会、アプリと決裁機器
:業法の事前規制、抜本的見直しを
         〜デジタルPF巡る取引環境整備で新経連「意見」
:「謝礼なし」で本当にOK? 〜ハイタク労働8団体、「クルー」の実態調査へ
:指定解除かと思っていたが…  〜大阪市域、特定地域指定3年間延長へ
:タシークの抜き打ち街頭監査 〜愛運支局、今季も実施を宣言
:乗務員のマナー違反指摘  〜東タクセン記者懇談会 / 2018年10大ニュース
:タクシーは法人3社、個人2支部が金賞  〜マナーを高める事故防止コンクール
:神戸地裁判決、運行管理者の免停「違法」
          〜速度超過巡って、兵庫県に慰謝料の支払い命令
:157会員、IP無線利用は23%  〜近自無協 18年度事業経過報告
:優良乗務員15人、栄誉表彰2人  〜奈タ協 優良従業員表彰式
:「飲酒運転撲滅」 〜大タ協、キタとミナミで府警と合同キャンペーン
:12月3日「個人タクシーの日」 〜全大個委協組が街頭利用促進キャンペーン
■東西往来:「これまで以上に自省と配慮 / 「ピンクタクシー」を入口に
■この人この言葉
:高野 公秀氏 / 小島 康雄氏 / 成川 邦彦氏 / 藤井 浩一氏
■シャッターチャンス
:配車アプリ5年後の勢力図は? / ルール守るのも公共交通の役割
:街の風景としての車両の掃除を / 特定地域の指定延長より効果的
■内外交差点:ライドシェアに公共性はあるか  菊池和彦氏E
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
 雇用形態に沿った社会保障制度へ
    ウーバー運転者の「労働者性」判断踏まえ
       シェアエコ検討会議でヒアリング

【 東京 】政府のシェアリングエコノミー検討会議(主査=安念潤司・中央大学大学院法務研究科教授)は7日、12回目の会合を開き、ヤフー、クラウドワークスなど民間事業者および事業者団体からのヒアリングを実施した。雇用によらない働き方が拡大することに合わせて社会的な諸制度の見直しなどについて意見交換した。ウーバーを典型例とする請負型の働き方を否定し、労働者性を認める司法判断が相次いだことに対しては出席した民間事業者側から社会保障に対する文化が異なっているとして、今後の改善に向けては国が主導するのか民間に任せるのか議論の余地があるとの意見があった。今回が年内は最後の会議となり、年明けから論点整理に向けた議論に入る。
 ヒアリングの中でフリーランス協会は、フルタイムフリーランスの年収は300〜500万円のゾーンが最多で会社員の平均と大きく変わらな… <記事詳細へ>
〔12
月8日号関東版掲載〕

2018年12月8日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】雇用形態に沿った社会保障制度へ/ウーバー運転者の「労働者性」判断踏まえ/シェアエコ検討会議でヒアリング
【 東京 】都内で事業者向け説明会/DiDi、1月中旬から試験運用
【 東京 】無線配車との並行利用でシェア開拓/DeNA・中島氏が「MOV」の優位性
【 東京 】減少しない二輪車・自転車事故/東京ハイタク交通共済協組
【 東京 】ブラジルでの相乗り提案/トヨタ基金が「最優秀賞」
【 東京 】「クルー対応」で意見交換/野党系タク議連が総会
【 東京 】「均一な輸送力」構築へ/都営協・冨本理事長が意欲
【 東京 】離島の自家用有償運送/愛知県が国家戦略特区提案
【 東京 】日交が「合格祈願タクシー」/期間限定、予約受付開始
【 東京 】「フルクル」Xマスキャンペーン/12〜25日、国際自動車
【 東京 】「KAZAPi」/交通系ICカードにも対応
【 横浜 】都市型ハイヤーの新規許可
【 横浜 】譲渡譲受1件認可
Faxpress 関西版
 「関協は一つ」のポリシーで
    再任の古知理事長、配車アプリ等で見解

【 大阪 】関協(古知愛一郎理事長)は7日、大阪市中央区のシティプラザ大阪で通常(決算)総会を開催、任期満了に伴う役員改選では選出された新理事の互選で古知氏を再任、理事長指名による副理事長に月廣海、橋昌良の両氏が就いた。総務委員長は福田充宏氏、営業委員長は藤原大氏。議事では第57期事業報告、同決算を原案通り承認した。
 冒頭あいさつで古知氏は、今期決算でも利益を残せた要因として、「関協は一つ」のスローガンの下、一つのチケット、一つの無線で一緒にやってきたことと評価する一方で、「内容を見ると過去とは大きく違ってきた。過去は負担金とチケットの交換手数料だったが、現在の主力は広告収入とETC事業。時代の流れで手数料に左右されない財政基盤ができている。費用対効果で見れば関協は『お得』」と述べた。
その上で、「いち早く取り組んできたオンライン化やアプリ配車を強みとして、効果を発揮できるようにしていくことを求めたい」と述べるとともに、「花見の前の陣取り合戦」の様相が強まっている配車アプリにつ <記事詳細へ>
〔12月8日号関西版掲載〕

2018年12月8日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】「関協は一つ」のポリシーで/再任の古知理事長、配車アプリ等で見解
【 大阪 】今季は「事前広報」なし/抜き打ち街頭監査で大運支局
【 京都 】京タ協青年部会長に多田氏
【 大阪 】下限割れのドーム除いて/ワンコイン4社が運賃要請へ
【 神戸 】「JpnTaxi」を統一推奨/配車アプリ・決済機で兵庫共済
【 京都 】JpnTaxiとDeNA/京タ協、配車アプリ等推奨会社に
【 大阪 】テレビCMでも激突/配車アプリのPR合戦
【 大阪 】「大阪市域」「北摂」の地域協、1月22日
【 神戸 】神戸相互が「乗務員大感謝祭」 
【 神戸 】阪急タク追随で20%に近づく/神戸・阪神間の運改要請
【 神戸 】加古川タク追随で14・4%に/姫路・東西播の運改要請
【 大阪 】運改への協力要請/労使懇で大タ協・坂本会長
【 大阪 】大阪市域の特定地域指定延長/大タ協労使懇「異議なし」 
【 京都 】全京新理事長に岩垣・副理事長
【 奈良 】優良乗務員15人、栄誉表彰2人/奈タ協 優良従業員表彰式
【 奈良 】横断歩道での事故防止/奈良県警が注意喚起 
【 大阪 】阪急タク労組、秋闘妥結
【 大阪 】ライドシェア解禁阻止、社会にPR/ネット活用検討、交運労協ハイタク部会
【 大阪 】未来都のグループ間譲渡、認可
【 大阪 】福芯、新規取り下げ再申請
【 大阪 】駒姫タクシー、営業所廃止
【 大阪 】近運局、法人1社車停処分

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止