ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2019年9月9日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
 国土交通省は8月30日、当初の予定を変更し、10月1日の消費税増税分の転嫁と同時に行う通常の運賃改定を先送りすることを決定し、消費税の単純転嫁のみを新運賃として公示した。政府の物価問題に関する関係閣僚会議で複数の関係省庁から便乗値上げではないかとして異論が出されたというのがその理由である。そもそも、同会議はタクシー運賃改定については東京都特別区・武三地区のみを取り扱うものであり、他地域については人口50万人以上の都市を含む運賃ブロックで国交省と消費者庁の協議の対象となり、50万人都市を含まない場合には協議対象にさえならない。正式の議題にもならない会議で他省庁の意見により運賃改定が見送られること自体が前代未聞。経過を振り返りつつ、今後への影響を探る。
<記事詳細へ>
No.786 9月9日号   主な内容
■巻頭人物  :神谷 俊広氏(全国ハイヤー・タクシー連合会理事長)
■気になる数字:20件→13件
           2018年→2019年、1〜6月の法人タクシーの死亡事故件数
■トピックス
:前代未聞の先送り、今後への影響は―
           〜他省庁の異論で国交省判断 本運賃改定「継続審査」
:経済への影響見極めて   〜本運賃実施の見通しで石井国交相
:「24年ぶり」砕けた大阪― 
           〜会見の近運局 実施時期「まったく分からない」
:<スポット> 新栄北大阪個人タクシー組合、大個連脱退へ
:「一本になって乗り切っていく」ことが最大の課題  
            〜全国個人タクシー協会・秋田驩長インタビュー
:「値上げ」報道の日経に反論を  〜タクシーは消費税転嫁さえも批判の的に
:障害者が期待するタクシー乗務員 〜全福協UD講師養成講座・特別講義から
■東西往来
:寄付継続に値する新生児医療の現場 / 運行管理者も参加してUD研修
■この人この言葉
:藤井 嘉一郎氏 / 森屋 隆氏 / 道野 隆氏 / 糸屋 重明氏
■シャッターチャンス
:特別区・武三の運改は先の先…  / 初心を忘れぬ接客でアピールを
:メーター改造費程度の要求は…  / いまさらの「便乗値上げ」批判
■内外交差点
:ライドシェアに公共性はあるか  菊池 和彦氏(最終回)
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
 運改の早期実施とメーター改造支援
   働き方改革、利用者利便向上に支障
      全タク連、国交省に申し入れ

【 東京 】全タク連(川鍋一朗会長)は4日、8月30日のタクシー運賃の消費税転嫁に関する各地方運輸局等の公示で、全国48の運賃ブロックで通常の運賃改定が見送られ継続審査となったことを受けて、国土交通省に「自動認可運賃及び公定幅運賃に係る公示に関する申し入れ」を文書で行った。文書は川鍋会長、佐藤雅一・経営委員長の連名で、一見勝之・自動車局長に宛てたもの。当日は、佐藤・経営委員長、武居利春副会長兼労務委員長、藤原廣彦・広報・サービス委員長、神谷俊広理事長が自動車局を訪れ、一見局長、早船文久・旅客課長らが応対した。
 文書では8月30日の公示で消費税転嫁のみが対象となり、通常の運賃改定が48ブロックで見送られたことについて、そもそも短期間に2回の運賃改定を行うことが利用者に負担感や混乱を生じさせるおそれがあることから、地元地方運輸局と協議・調整の上、消費税を転嫁する運賃改定と通常の運賃改定を同時に実施する予定で取り組んできたものだと強調。「これらの通常の運賃改定申請の内容は、安倍政権の掲げる働き方改革、そして初乗り距離短縮等運賃制度の改善及びスマホ配車アプリ、キャッシュレス決済… <記事詳細へ>
〔9
月7日号関東版掲載〕   

2019年9月7日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】運改の早期実施とメーター改造支援/働き方改革、利用者利便向上に支障/全タク連、国交省に申し入れ
【 横浜 】関東ブロックは11日の幹事会で検討
【 東京 】安全運転の確認・指示緩和/自家用有償運送拡大で通達改正
【 東京 】全タク連正副会長会議の結果待ち/東タク協 特区・武三の運改絡み慎重に
【 福岡 】九乗協として行政に申し入れ/第一交通産業・田中社長
【 東京 】内閣改造で国交相交代へ
【 東京 】労働条件改善効果への疑義も?/運改先送りの背景で自交総連・城氏
【 福岡 】黒土氏に大分大「名誉博士称号」/第一交通産業本社で授与式
【 東京 】ピクトグラムで後部ドア開け注意/東京交通共済・事故防止対策委
【 東京 】事故発生件数は20%超減少/交通共済協組、今月5日まで
【 東京 】金子議長再任、新副議長に石橋氏/私鉄関東ハイタク協・定期大会
【 東京 】品川第一支部が「事故ゼロ」達成/東個交通共済 4〜7月期間表彰
【 大阪 】「ご当地タク協会」1周年でイベント
【 東京 】JT協賛で無料リムジン/ノモック 都内で2両運行
【 東京 】ホワイト経営の認定実施団体/国交省、次点団体は公表せず
【 横浜 】関東局 譲渡譲受4件認可
Faxpress 関西版
 早期実施求め行政不服申立も? 
   兵タ協 運改先送りに強い姿勢で

【 神戸 】兵タ協(吉川紀興会長)は5日、神戸市中央区のタクシー会館で神戸・阪神間支部(支部長=五十嵐一俊副会長)の臨時正副支部長会議を開き、国交省に先送りされた本運賃改定の早期実施を申し入れる方針を定めた。出席者によると、「訴訟も辞さない」強い姿勢で臨むとし、行政不服申立を視野に入れているようだ。複数回を余儀なくされるメーター改造については、「国として受け入れやすい」恰好での補助を求めていくこととした。
 兵タ協は同日、近運局旅客第二課の中野幸太専門官を講師に招き、兵庫県民会館で運賃改定に関する説明会を開催、県下各支部から約150人が出席して、消費税転嫁のみとなった新運賃の説明を聞いた。冒頭あいさつで吉川会長は、運改先送りについて「非常に憂うるところ」と述べ、却下ではなく継続審査となっていることから、今後の意見交換で取り組みを協議したいとした。また、全国マターであることから、「全タク連および近畿ハイヤータクシー協議会と団結して本運賃改定を目指す」と述べた。
 中野氏は、地方運輸局の置かれている状況を説明。「私自身も心苦しいと思っている」との私見を述べつつ、消費税転嫁に際 <記事詳細へ>
〔9月7日号関西版掲載〕 

2019年9月7日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 神戸 】早期実施求め行政不服申立も?/兵タ協 運改先送りに強い姿勢で
【 東京 】全タク連 国交省に文書で申し入れ
【 大阪 】ドーム、壽は下限割れの590円/ワンコイン各社、上限で届け出
【 大阪 】新大阪乗り場統合、CMとも延期/大タ協 広報サービス・経営合同委
【 神戸 】神戸・阪神間等の本運賃改定/兵タ協 早期実施へ労使協力
【 京都 】北部地区、先送りの運改に備え/京タ協・地域公共交通推進委
【 京都 】北部地区の運改、PR文言変更/京タ協 周知のポケットティッシュ
京都 】京都市域新運賃、17社が届出/5日時点 概ね上限で
【 和歌山 】和歌山でも運賃設定始まる
【 大阪 】大タ協理事会、24日に変更/全タク連緊急合同会議開催で
【 神戸 】累進歩合解消等で労働局と意見交換/兵庫交運労協ハイタク部会
【 大阪 】東京・日交「OTEC」/大阪府が職業訓練校認定
【 大阪 】全大個協組、支部長会中止
【 京都 】統合拒否の個タク「代替案」は?/業務センター整備検討委、10月7日に
【 京都 】二条城西側の路上休憩/業務センターが注意通達
【 京都 】「高度有資格者採用制度」/エムケイ、新卒対象に導入へ

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止