ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2021年4月5日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
役割終えた?
 改正タクシー適正化新法は…
国交省報告を読む――
 2013年11月8日衆議院国土交通委員会及び11月19日参議院国土交通委員会において、特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法の一部を改正する法律案(改正タクシー適正化新法)の附帯決議として、「本法の施行後における施行の状況や効果について、3年ごとに総合的に検証を行い、その結果を両院に報告すること」(衆議院国土交通委員会)及び「本法の施行後における施行の状況や効果について、3年毎に総合的に検証を行い、その結果を本院に報告すること」(参議院国土交通委員会)が盛り込まれた。これを受けて国交省は今年3月、改正タクシー適正化新法施行後2回目となる報告書をまとめ国会に提出した。新型コロナウイルス感染症の影。<記事詳細へ>
No.858 4月5日号  主な内容
■巻頭人物:城内 実氏(自民党個人タクシーを応援する議員連盟事務局長)
■気になる数字:1396カ所
2019年度の全国のLPガススタンドの数。2005年度は1800カ所あったのが右肩下がり。
■トピックス
:役割終えた? 改正タクシー適正化新法は…  〜国交省報告を読む
:行政・事業者・利用者が構築する「安全トライアングル」
〜ハイタク事業における総合安全プラン2025
:政党へ、自治体へ― 産業維持へ要請活動   〜存亡の危機に業界労使
:<シリーズ> 2021春闘―産別・労組はいま  〜全国中立労組政策推進会議
:労働の安売りはしない 
〜全自交関西「春闘討論集会」 TNKグループ・坂本代表との質疑応答
:生き残りのための進化「アフターコロナ」へどう動く
〜モビリティテクノロジーズ
:タクシー車内の消臭・除菌に最適! 
〜国際興業大阪が新たに手がける『清水香』
■東西往来
:IT産業と合体したタクシーの夢 / バス・タク利用促進へ予算措置
■この人この言葉
:秋山 利裕氏 / 石川 栄一氏 / 金田 隆司氏 / 前野 博司氏
■シャッターチャンス
:嬉しい営収増は緩んだからこそ / “吸う権利”は国際標準に適う?
:解除を急かした口で蔓延防止と / はたしていつから使えるのか…
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
■ 安全担保の体制整備など
  自動運転サービスで事業者を審査も
         警察庁委員会がレベル4の交通ルール

【 東京 】警察庁は1日、同庁が設置した「自動運転の実現に向けた調査検討委員会」(委員長=藤原靜雄・中央大学大学院法務研究科教授)が報告書をまとめたと発表した。運転者が存在しないことを前提としたレベル4での自動運転における交通ルールのあり方等を示したもので、従来道路交通法を守るべき主体である運転者が存在しないことから、自動運転移動サービスなどにおいてはサービスを提供する主体=バス・タクシー事業者等が安全を担保する義務を負い、サービス提供に当たっての審査等の仕組みの整備を求めている。
 報告書では、自動運転そのものについて、事故や渋滞の緩和、移動弱者の移動手段確保、運転手不足の解消などの課題解決に期待されており、「実用化されることは、わが国の交通の安全と円滑のさらなる確保に資するものと考えられる」とした上で、「レベル4の自動運転はシステムがすべての動的運転タスク等を実行するため従来の運転手が存在しないという特徴があり、社会実装に当たっては慎重に検討する必要がある」と指摘。こうした背景を踏まえ検討委では、レベル4の自動運転のうち、早期に実用化される可能… <記事詳細へ>
〔4月3日号関東版掲載〕 
 

2021年4月3日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】安全担保の体制整備など/自動運転サービスで事業者を審査も/警察庁委員会がレベル4の交通ルール
【 東京 】ソニーのAI需要予測サービス/大和自交 2000両に随時導入へ
【 福岡 】新卒入社38人/第一交通産業が入社式
【 東京 】年度末までの運改申請/19年度実績用いず「暦年実績」で
【 東京 】病院・診療所へのワクチン配送/東タク協足立支部が契約へ
【 東京 】日交G入りの昭和自が出発式
【 横浜 】災害時等の人員輸送で市と協定/神タ協横浜支部が締結
【 東京 】LPG 4月CP1年ぶり下落
【 横浜 】京浜地区は2月末比85人減少/神奈川の3月末運転者証交付
【 東京 】大森署等の交通安全パレードに参加/帝都自交「全席ベルト」などアピール
【 東京 】ポイント2倍キャンペーン延長/S.RIDE 4月末まで
【 東京 】一時金要求など「認められず」/京自労、21春闘を妥結
【 東京 】国交省人事(1日付)
【 横浜 】関運局 合併1件認可
Faxpress 関西版
 「相乗りタクアプリ」で対抗
   大タ協・坂本副会長 オンデマンドバス「死活問題」

【 大阪 】大タ協の坂本篤紀副会長(日本城タクシー社長)は2日、大阪府への新型コロナ蔓延防止等重点措置適用決定について、本紙の取材に「科学的根拠もないまま、このような措置を出してくる行政や政府の専門家会議の尾身(茂)会長についても『ここが正念場』とか発言するのは占い師と変わらない。医学者が経済のことを論じ、経済学者が感染について語るのもおかしな話だ」と指摘した。
 また、大阪府市の行政に対しても「タクシーがこれだけ厳しい状況に追い込まれているのに、オンデマンドバス(AIオンデマンド交通)というタクシーまがいの交通機関を推進するというのはどういうことか。対象地域の平野区ではタクシーを廃業しようかというところも出てきていると聞く。(オンデマンドバスの利用が少なかったとしても)たとえ1割でも5%でも本来はタクシーに回ってきたはずの仕事を持っていかれただけでタクシーは死活問題だ」と述べた。
 さらに「メトロはいまだにアプリにタクシ <記事詳細へ>
〔4月3日号関西版掲載〕 

2021年4月3日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】「相乗りタクアプリ」で対抗/大タ協・坂本副会長 オンデマンドバス「死活問題」
【 大阪 】南タクシーに配車依頼2件/オンデマンドバスの協業タク
【 奈良 】奈良市域 特定地域指定「不合意」
【 大阪 】大阪市域など78人減/3月末の運転者証等交付
【 神戸 】巡回バスとデマンドタク/西脇市で運行開始
【 神戸 】三木市でも休止バスの代替で
【 大津 】滋タ協 通常総会は会議形式で
【 大津 】国交相との意見交換会/滋賀の観光関係団体 11日
【 神戸 】コロナ禍の落ち込み続く/兵タ協 12月・1月の輸送実績
【 大阪 】オンデマンドバスが夕刊1面に/タクシーとの関連には触れず
【 大阪 】「総額表示」 タクシーは以前から
【 大阪 】ひかり交通が「電脳配車」
【 京都 】違法性ない賃金体系提示を
【 京都ほか 】ナビ活用でマイルサービス/エムケイG ANAと提携
【 大阪 】近鉄タクがユーチューブに求人動画
【 神戸 】第一交通、神戸相互自が減車
【 大阪 】新東宝→南港マリン7両 
【 京都 】ケイテイ グループ内で譲渡譲受
【 和歌山 】伸光タクシー→大和交通/35両譲渡譲受と役員変更
【 大阪 】未来都 堺営業所の4両減車
【 大阪 】関西中央第一 監査役が改姓
【 大阪 】泉州で新規許可
【 神戸 】健康経営優良法人「ホワイト500」/デンソーテンが3年連続認定
【 東京・大阪 】都内⇔京阪神移動のハイヤー手配/日交がパッケージサービス
【 神戸 】GREEN & NANKOH TAXI/楠公タクシーが社名変更
【 大阪 】日本交通Gの 譲渡譲受認可
【 神戸 】健康経営優良法人「ホワイト500」/デンソーテンが3年連続認定

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止