ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2017年5月22日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
 東京ハイヤー・タクシー協会(川鍋一朗会長)は25日、千代田区のホテルニューオータニで通常総会を開く。今年は任期満了に伴う役員改選に当たる年で、川鍋会長が再選されれば3期目がスタートする。富田昌孝前会長が任期1年を残して退任し、その後を引き継いだことになるため、1期目の任期は富田氏の残余任期1年間を、2期目は通常通りの2年を務めたことになり、改選を経て川鍋執行部の4年目に突入する。タクシー業界にとって過去10年間は、規制緩和の弊害との闘いに費やされた時間だったと言えるが、終盤からは白タク・ライドシェア上陸との闘いへとギヤチェンジされている。次期川鍋執行部の2年間に横たわる課題を整理、展望してみよう。
<記事詳細へ>
No.678  5月22日  東タク協・神タ協・近自無協 総会特集  主な内容
■トピックス&スポット
:待ったなし! 川鍋・東タク協3期目の課題 〜白タク・ライドシェア合法化阻止
:今後の10年見据えて現場乗務員の大勢は「旧運賃と変わらず」 
   〜初乗り短縮運賃、都内労組がアンケート
:適正化・活性化を通じお客様のニーズに的確に応える 〜神タ協・伊藤会長
:県共通スマホ配車アプリ構築の検討進む 〜藤井・経営委員長
:協会HPを刷新、「日常の広報」に傾注 〜石川・広報委員長
:「商工会議所副会頭として 〜関・川崎支部長
:タクシー無線は一つ、対ライドシェアで団結を 〜近自無協通常総会に向けて
:「V−クレジット」がWAON対応〜
    「新らくらくタクシー」も好調のモバイルクリエイト
:安定した通信インフラ構築に高評価 
   〜西菱電機&ソフトバンク「SoftBank 601SJ」
:<インタビュー> 活性化に取り組むしか… 〜関淳一・大タ協最高顧問
:<シリーズ> 2017春闘―産別・労組は今 〜私鉄総連東京ハイタク労連
:待ってられない新規許可再開 個タクの組織活動維持へ、地方で高まる合併の波
:LPG業界は新型車両に「戦々恐々」? 〜タクシー業界との関係は…
■東西往来
:全産別が再び結集すべき時 / 協会主導の乗務員映像マニュアル
■この人この言葉
:保岡 政利氏 / 太田 宏氏 / 吉川 紀興氏 / 馬場 信幸氏
■シャッターチャンス
:鬼に笑われようが今から…  / 今後も「乗ってくれる」のか?
:「タクシー切らしてますねん」 / 毎月発行でも不足?
■内外交差点:地方におけるタクシー事業の限界と可能性  矢尾板 操氏D
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
「ちょい乗り」410円、36%増
   近距離減収もトータル2.8%増収
    初乗り短縮運賃、導入2カ月のサンプル調査

【 東京 】国土交通省は19日、東京都特別区・武三地区で今年1月30日からスタートしたタクシー初乗り距離短縮運賃(普通車・初乗り1.052キロ410円、加算237メートル80円)の3月末までの2カ月間の導入効果サンプル調査結果をまとめた。旧運賃の初乗りに相当する走行2キロ以下の部分では実働日車輸送回数が前年同期比18.7%増加する一方、2キロ以下の日車営収は7.3%の減収だった。ただ、運賃組替え効果があるため、走行2.0〜6.5キロのゾーンでは日車営収が3.3%の増収となり、走行6.5キロ以上のゾーンでは同4.7%の増収で、すべての距離ゾーントータルの日車営収は2.8%の増収だった。

〜2キロ以下も「あと1回」あれば…
サンプル調査は初乗り距離短縮運賃導入2週間後に実施した際と同様、同地区の法人タクシー事業者19社1193両(地区全体の約4%)を対象に、1月30日〜3月31日の期間で行った。輸送… <記事詳細へ>
〔5月20
日号関東版掲載〕

2017年5月20日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】「ちょい乗り」410円、36%増/近距離減収もトータル2.8%増収/初乗り短縮運賃、導入2カ月のサンプル調査 
【 東京 】実働率の落ち込み大きく/東タク協・4月原計輸送実績 
【 東京 】ライドシェアは「今後の議論次第」/規制改革推進会議の結論で内閣府
【 東京 】20年度目標に普及率倍増/全タク連、クレカ決済促進計画 
【 横浜 】運賃対応「情報取集をしっかり」/再任の神田・東タク協三多摩支部長 
【 東京 】東タク協共同営業委、優良乗務員表彰 
【 横浜 】タクシーなどドライバーの魅力発信/関運局HPに特設サイト
【 横浜 】譲渡譲受は59件704両/関運局管内、16年度の認可状況 
【 横浜 】関運局、譲渡譲受5件認可
Faxpress 関西版

【 大阪 】大阪タクシー協会の横領事件処理は、6月総会直前の理事会に持ち越された。三野文男会長は19日の理事会冒頭あいさつで、一般会員向けの説明でも異議がなかったとし、総額約3600万円の弁済案を採決したい意向を示したが、薬師寺薫・最高顧問が異議を唱え、時間の制約もあって断念。次回以降に持ち越した。
 採決を目指す弁済案は、執行部案に監事3人の道義的責任額各25万円を加えた総額約3600万円を弁済するというもの。これに対し薬師寺氏は、三野会長の「執行部で(被害総額を)『元に戻す』考えはない」との本紙インタビュー報道を基に、「『3月末日で3000万円超の現・預金が残った』というが、うち2000万円は執行部による緊急融資から生まれたもので、会費(の節約から)から生まれたものではない。それは返す必要があるもので返したらなくなる。さも経費削減で3000万円残ったかのごとく発言しているが、ペテンのようなことを話してもらっては困る」と指摘。「『池田(一朗被告=元経理部長)抜きで弁済する考えは <記事詳細へ>
〔4月29日号関西版掲載〕

2017年5月20日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】返済案の採決断念、決着は6月以降に/大タ協横領事件処理、薬師寺氏「対協会の姿勢考える」
【 大阪 】ETC差額、大タ協も包括収受へ/近運局が「統一」要請、差額は社会貢献に
【 大阪 】「乗務員映像マニュアル」報告/「もずやんタク」は100両規模で 
【 大阪 】ETCコーポレート割引/関協、8月から本格実施へ
【 和歌山 】普通車一本化など課題/和ハ協・通常総会で田畑会長
【 神戸 】IP無線会員にもメリットを/近自無協、吉川・兵庫県支部長 
【 神戸 】免許返納割引20社に拡大へ/兵タ協東播支部、南北両地区で
【 大阪 】自交大阪が自治体巡り開始/タクシーの役割など意見交換
【 神戸 】ドラレコの高い防犯性能/暴行事件の早期解決で証明 
【 大阪 】みとちゃん→10両、日本交通 認可
【 大阪 】水鉄タクシー、役員変更届   
【 大阪 】ベスト交通、住所・役員変更届 
【 大阪 】近運局、1社車停処分

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止