ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2019年8月5日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
 近畿ハイヤータクシー協議会(坂本栄二会長)が7月29日に大阪市内で開いたキャッシュレス・消費者還元事業に関する説明会―。出席したタクシー関係者105人に事業の趣旨や概要を解説した経産省ポイント還元事務局の花咲あんな氏は、利用者利便の向上、インバウンド需要の取り込み、釣り銭を巡るトラブルの回避―など、タクシー事業におけるキャッスユレス化のメリットをあげながら、同制度の積極的な活用を呼びかけた。説明会開催時点での参加決済事業者は356社で、現在も受付中。当日は9社がブースを出展してPR、来場者の質問に答えた。当然ながらメリットが強調された発言内容を紹介する。
<記事詳細へ>
No.782 8月5日号   主な内容
■巻頭人物  :濱 隆司氏(自動車事故対策機構理事長)
■気になる数字:631分の136
        全国631のタクシー営業区域のうち22の特定地域+114の準特定地域
■トピックス
:<どうする?キャッシュレス> 消費者還元で「集客力アップ」
               〜経産省担当事務局、タクシー事業のメリット強調
:<どうする?キャッシュレス> 利益率3%で手数料5%以上=残りは?
                〜祭りのあとに待つ風景…
:MaaS対応へルールづくりを 
     〜ライドシェア反対運動の現状と課題  浦田誠・ITF政策部長に聞く
:予約・配車システムで利便性向上
           〜石川県加賀市の乗合タクシー「のりあい号」
:交通共済を、使わないですむ「安心料」に 
           〜日個連交通共済協組・野嵜正彦理事長インタビュー
:今年も全国で多彩な催し  〜8月5日は「タクシーの日」
:転換期のいま、積極的に手を打つ
        〜DiDi好調、秋にはMOVも 大成タクシーG・西井猛代表
:125人で2団体が統合 〜新組織「阪南経友会」発足
:業界の「進化」に貢献していきたい 〜近運局 末満章悟・自交部長 就任会見
■東西往来
:華やかな食事会も労組の闘い方… / 山積する課題を共有した後は
■この人この言葉
:山本 弘氏 / 早船 文久氏 / 齋藤 憲司氏 / 田村 幸久氏
■シャッターチャンス
:「無い袖も振れ」と引上げ目安 / 「そこにある危機」に慎重対応
:「変化」なくば「進化」なし? / あえて「不変」のサービス充実
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
 適用希望は「条件変更申請」を
   「75歳期限」を円滑化、相続人申請も
  国交省 個タクの譲渡譲受手続きで改正通達

【 東京 】国土交通省は7月26日付で、一部改正した「個人タクシーの申請に対する処分に関する処理方針(自動車局長名通達)」「『個人タクシーの申請に対する処分に関する処理方針』の細部取扱について(旅客課長名通達)」「運転免許取消処分を受けた個人タクシー事業者の取扱い等について(同前)」を発出した。譲渡譲受の円滑化のための制度改正で、前2者については8月1日以降の処分から適用する。
 一部改正された「個人タクシーの申請に対する処分に関する処理方針」は、「6.営業所(2)申請する営業区域内に申請日前継続して1年以上居住しているものであること等、居住する住居に永続性が認められるものであること」の「継続して1年以上」を「現在において現に」、「居住する住居に永続性」を「居住の実態」―とそれぞれ改めた。
 また「1.新規許可等に付す期限」の(2)として「譲渡譲受認可申請が行われた場合は、従前の許可期限(許可期限を更新した場合にあっては更新後の期限)の翌日以降、2.(12)の… <記事詳細へ>
〔8
月3日号関東版掲載〕 

2019年8月3日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】適用希望は「条件変更申請」を/「75歳期限」を円滑化、相続人申請も/国交省 個タクの譲渡譲受手続きで改正通達
【 横浜 】東京36社、神奈川17社、千葉2社/関東管内の事前確定運賃申請
【 東京・横浜 】準特地域の期間限定減車、1年延長
【 東京 】「グリスロ」実証調査/国交省 支援7地域選定
【 東京 】10月本選へ9月に地区予選/チェッカー接客マナーコンテスト
【 東京 】配車時に行き先を入力/東京無線アプリに新機能
【 東京 】女性ドライバー応援企業認定
【 東京 】ホワイト経営「ハードル低い」/全自交・伊藤委員長、効果に疑問
【 東京 】交通系ICカードに対応/MOV フライト社と提携
【 東京 】貸切バスの覆面添乗調査/国交省 夏から秋へ今年度も
【 東京 】北九州で1社買収、車庫新設/第一交通産業 タク8355両に
【 横浜 】関運局 譲渡譲受1件認可
【 横浜 】都市型ハイヤー新規許可
Faxpress 関西版
 要支援者の避難所間輸送など反 
   大タ協 枚方市と災害時協力協定
 

【 大阪 】大タ協は1日、枚方市と災害時等における要支援者等の輸送協力などに関する協定を締結した。
 昨年の大阪北部地震、台風21号による被害と混乱を教訓に防災計画、災害マニュアルなどを見直すとともに、新たな計画の策定を進める市が、一次避難所から二次避難所への移送手段の確保などを目的に協力を求めていたもの。府下の自治体との災害時の協力協定は、今回が初めて。同様に要介助者の避難生活に必要な福祉用具等の供給に協力する日本福祉用具供給協会の代表とともに坂本栄二会長が同市役所での締結式に臨み、協定書に署名した。
 台風や大規模地震などの事前災害への備えについて伏見隆市長は、「いろいろな事象に備えていく対策の点を線とし、面としていく必要がある」と前置き、両団体との協定により、要支援者の一次避難所から二次避難所への移送手段確保、福祉用具供給という課題の解決が図られることは極めて有意義だと指摘。「協定締結を機に、災害時にぜひともご協力いただきたい」とあいさつした。
 坂本会長は、「枚方市 <記事詳細へ>
〔8月3日号関西版掲載〕 

2019年8月3日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】要支援者の避難所間輸送など/大タ協 枚方市と災害時協力協定
【 神戸 】UD導入助成、補正予算の可能性?/神戸市が各社の計画調査
【 神戸 】「連接バス」等の運行協議/神戸市が9日に初会合
【 大阪 】大阪市域等の法人、前月から92人減/大タクセン 7月の運転者証等交付
【 京都 】来場者1400人超の大盛況/京タ協 第3回タクシーフェア
【 京都 】福知山の交通不便地/自治会主導でデマンドタク
【 京都 】エムケイがレンタカー事業
神戸 】「ながら運転」の罰則強化/携帯電話の扱いで影響危惧
【 大阪 】「中国式白タク」で逮捕
【 神戸 】運行管理者試験の対策講座/兵タ協 初の2日制で開催
【 京都 】興進タク、2人代表制に
【 大阪 】市型ハイヤーの新規申請
【 大阪 】エフアイ 区域縮小申請
【 京都 】伏見タクシー 住所変更届
※大運支局監査情報

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止