ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2019年11月25日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
大臣の大見得から3週間
 2018年度地域別輸送実績速報値が示すもの…
  数字で見る「運賃改定の必要性」   
 全国48ブロックでの運賃改定申請・要請が「継続審査」の名のもとに見送られて早くも3カ月が経とうとしている。全タク連の事業者大会で早期運賃改定の実現を大会決議として採択し、赤羽一嘉国交相が「わたしは約束したことは実行する政治家だ」と見得を切ってからもおよそ3週間。業界の望む年内運賃改定を実現するには、11月中の新運賃公示が必要とみられるが、いまのところそのような気配は感じられない。 
 そうした中、毎年全タク連が傘下都道府県タクシー協会を通じて取りまとめている地域別の2018年度輸送実績速報がまとまっている。数字でみる、「運賃改定の必要性」とは果たしていかなるものか。
<記事詳細へ>
No.796 11月25日号   主な内容
■巻頭人物:北里 裕治氏(全中労議長)
■気になる数字:1078人中881人
         全国タクシー事業者の大卒新卒採用、8割超が都内事業者
■トピックス
:大臣の大見得から3週間 〜数字で見る「運賃改定の必要性」
:大船に乗った気持ちで大丈夫?  〜運賃改定早期実施、はや11月下旬で年内は…
:事前確定運賃に高い注目 〜京都で記者会見とデモンストレーション
:積み重ねた56回、継続した取り組みを評価 〜和タ協 優良従業員表彰式
:「ウーバー阻止」台湾労使に学ぶ 〜市民会議が議員会館で院内集会
:アプリ配車、キャッシュレス決済最前線 〜DeNA、DiDiモビリティジャパン
:京都、大阪でアプリサービス拡大 〜JapanTaxi
:「スーパータクシーシステム」へ一歩 〜システムオリジン
:「黄金の72時間」守る交通機関へ 〜オートコンポで災害時にも地域貢献
■東西往来 
:「子育てタク」営業拡大のビジネスモデル / 懇親会場は旧陸軍庁舎
■この人この言葉
:野 公秀氏 / 太田 宏氏 / 藤井 聡氏 / 北坂 隆生氏
■シャッターチャンス
:普及に追いつかない「現場力」 / 動いていたのはタクシーだけ
:公示新運賃の中身次第で…  / 「年度内」前倒しの期待と疑心
■内外交差点:タクシー乗務員の本音は?  須藤 利博氏A
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
 年内実施なら11月末公示
   通常運賃改定「状況に変化なし」
      関運局定例会見 進展うかがえず

【 横浜 】関東運輸局の吉田晶子局長、飯沼宏規・自動車交通部長ら幹部は20日、定例会見を開いた。その中で吉田局長はタクシーの事前確定運賃サービス開始に触れて、今後の事業活性化の進展に期待を示したほか、飯沼部長は管内における通常タクシー運賃改定について前々月、前月の会見から状況に変化はないとし、具体的な進展をうかがわせる発言は聞かれなかった。また、東京都特別区・武三交通圏における準特定地域指定基準との適合状況について具体的な指標の数字を示した。

〜特区・武三の事前確定運賃1万両超
 吉田氏は会見冒頭の発言でタクシー事前確定運賃について統一係数の公示、第1陣の申請事業者の認可処分、その後も追随申請事業者があることなどに触れた上で、「事前確定運賃のようなサー… <記事詳細へ>
〔11
月22日号関東版掲載〕    

2019年11月22日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 横浜 】年内実施なら11月末公示/通常運賃改定「状況に変化なし」/関運局定例会見 進展うかがえず
【 東京 】内閣府等は「四半期で判断」/運改巡る景気動向で一見局長
【 東京 】UDタクの適切運送で再通達/DPI日本会議の申入れ受け国交省
【 東京 】車いす利用、複数回の実車研修など/DPI日本会議 全タク連にも要望書
【 横浜 】全地区で実働率前年割れ/関東管内 10月の原計輸送実績
【 東京 】優良乗務員218人を表彰/東タク協三多摩支部
【 東京 】事前試験合格率54.3%/過去最低は地理試験に問題
【 東京 】「銀座裏コリドー」オープン/東京交通興業の本社跡地再開発
【 東京 】台湾労使が「ウーバー阻止」報告/市民会議 議員会館で集会
【 訃報 】井上 蔚美氏(神田交通社長)77歳
Faxpress 関西版
 本運賃改定「継続審査」進展示さず 
   近運局定例会見、従来発言繰り返す

【 大阪 】運局の末満章悟・自動車交通部長は21日の定例部長会見で、先送りしてから3カ月近くになる運賃改定対応の現況と今後の見通しについて、「これまでも申し上げている通り通常の運賃改定については現在継続審査中」と答え、「国交省としてはより丁寧な検討が必要との意見を踏まえ、引き続き地域の利用者の受け止めやタクシー事業者の声も聞きつつ、関係省庁とも調整し、経済等への影響を見極めながら対応したい」と繰り返し、「その後どのような検討を行っているか」また「運賃改定を行う上でクリアすべき問題は」との質問には答えなかった。
 一方、18年度の日車営収が01年度実績を上回ったことから、大阪市域交通圏の特定地域指定が今年度末で解除されることが確実視されることと関連して、準特定地域も含めた指定基準の見直しにつ <記事詳細へ>
〔11月22日号関西版掲載〕 

2019年11月22日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】本運賃改定「継続審査」進展示さず/近運局定例会見、従来発言繰り返す
【 神戸 】60代後半と70代前半がほぼ同数/神戸・阪神間の運転者証交付
【 神戸 】アプリ配車で迎車料金検討も?/ABC無線・枝松理事長が私見
【 大阪 】北新地 指導時間外に懸念も
【 東京 】UDタクの適切運送で再通達/DPI日本会議の申入れ受け国交省
【 大阪 】中核リーダー573人に/全個協近畿支部が研修会
【 和歌山 】タク事業法の制定必要/全自交大阪・加藤委員長
京都 】フリーの個人、白タクも話題に/MM会議で実態報告など
【 京都 】指導・啓発、タクは178件/四条通等のクリア作戦 4〜10月
【 大阪 】トラックとタクシー/女性部会メンバーが意見交換
【 大阪 】優遇措置による譲渡者の報告/全大個協組・総務委員会
【 大阪 】いまは遠割是正の取り組みを/私鉄関西ハイタク協・糸屋議長
【 大阪 】自治体要請と懇談継続/交通環境を良くする実行委
【 岐阜 】近傍連 脇内委員長再任
【 京都・大津 】自交関西、大津などで宣伝行動

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止