ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2020年3月23日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
なぜ「日本版ライドシェア」なのか?
  〜経済同友会 規制・制度改革委員会
     間下 直晃委員長に聞く
 経済3団体のひとつ、経済同友会が自家用有償旅客運送の拡大を内容とする「『日本版ライドシェア』の速やかな実現を求める〜タクシー事業者による一般ドライバーの限定活用」と題した提言を発表したのは今年1月22日。新型コロナウイルス感染症の影響はまだ聞かれておらず、当時は大きな注目を集めた。事業者の関心はいま、コロナウイルス感染症の影響拡大による営収低迷に向けられているが、制度・政策の面では同友会の影響力は本来無視できないもの。そこで本紙では提言の取りまとめに当たった経済同友会の規制・制度改革委員会の間下直晃委員長に話を聞いた。(聞き手:植村俊郎)
<記事詳細へ>
No.810 3月23日号   主な内容
■巻頭人物:石田 勝利氏(国交省自動車局安全政策課長)
■気になる数字:13カ所
      新型コロナウイルス感染、17日時点の全国の「クラスター」
■トピックス
:なぜ「日本版ライドシェア」なのか?
   〜経済同友会 規制・制度改革委員会 間下直晃委員長に聞く
:工夫を凝らして助成金の活用を
    〜新型コロナウイルス感染拡大、経済大縮小の下 業界の生き残りを図ろう
:<スポット> 兵タ協 理事定数削減へ 〜神戸・阪神間は6人減
:京都駅 3月は乗り込み台数半減 〜「事業存続の危機」訴え
:<シリーズ> 2020春闘・産別はいま― 〜東京ハイタク中立労組協議会
:好印象のタクシーを増やすために 〜神戸市「マナー向上推進会議」モニター調査から
:マスクの自作からマスコミ対応まで 〜ピンチをチャンスに 日本城タクシー・坂本社長
:<スポット> マスクと消毒薬、公的支援の拡充を 〜個人8団体が京都市に要望
■東西往来
:女性乗務社員専用の休憩スペース / 24時間稼働の特性生かして
■この人この言葉
:坂本 篤史氏 / 秋田 隆氏 / 月 廣海氏 / 上田 慶台氏
■シャッターチャンス
:誰が信じる?「予定通り開催」 / もはや「泥船」と見限ったか?
:モラルの底が抜けた社会を憂う / ウイルス一つではじけた賑わい
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
 特区・武三の輸送回数2桁減
     新型コロナの影、多摩は実車率43%
   東タク協 2月の原計輸送実績

【 東京 】東タク協はこのほど、2月の一般タクシー原価計算対象事業者輸送実績速報をまとめ公表した。特別区・武三地区(27社)の普通車・税込みの実働日車営収は4万5473円(税抜き4万1339円)で、前年同月4万8406円(同4万4820円)に対し6.1%の減収だった。多摩地区(16社)の普通車・税込みの実働日車営収は4万3314円(税抜き3万9376円)で、前年同月4万2961円(同3万9779円)に対して0.8%の増収だった。両地区ともに税抜きベースでは減収になるが、2月1日から運賃改定を実施した多摩地区の方がより減収幅は小さい結果となっている。
 実働率は両地区ともに低下しており、特別区・武三は76.3%(前年80.2%)、多摩は76.5%(同78.5%)だった。実車率も両地区ともに低下し、特別区・武三では43.2%(前年45.4%)、多摩は43.1%(同48.6%)となっている。駅待ち・家庭配車中心の多摩地区で実車率が45%を下回ることは極めてまれで、新型コロナウイルス感染症の影響がうかがわれる。
 総需要を示す指標では特別区・武三で総実車キロが対前年同月比10.%減と2桁減、輸送回数は同11.3%減、輸送人員は同12.3%… <記事詳細へ>
〔3
月21日号関東版掲載〕 

2020年3月21日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】特区・武三の輸送回数2桁減/新型コロナの影、多摩は実車率43%/東タク協 2月の原計輸送実績
【 東京 】「内定取消」の学生救済/国際自動車が追加採用へ
【 横浜 】4月の役員会は書面開催に/新型コロナ感染予防で神タ協
【 東京 】75歳超の譲渡容認など/全個協 地方要望を個タク議連に
【 東京 】2月のインバウンド、6割減
【 東京 】都個協 譲渡譲受に係る会費免除
【 東京 】ウイルス感染者発生時の対応/営業停止等は自主判断に
【 東京 】「歩行者優先ステッカー」作成へ/東タク協 事故防止+広報で
【 東京 】5月末までに要請行動/ハイタク労働団体
【 東京 】無事故・無違反の褒賞制度/春闘要求で日の丸自動車労組
【 東京 】賃貸仲介サービスと連携/DiDiが割引サービス
【 横浜 】千葉・北総で新規許可
【 横浜 】譲渡譲受、合併、分割認可
Faxpress 関西版
 新型コロナの休業補償等で意見を
   大タ協理事会、坂本会長「3〜4割の営収減」

【 大阪 】大タ協の坂本栄二会長は19日の理事会冒頭あいさつで、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛などの影響により「3〜4割の営収減」との認識を示しつつ、11日の全タク連正副会長会議では臨席した国交省の一見勝之・自動車局長に、全国の副会長から雇用の維持などいくつかの支援要望を行ったと報告した。全タク連は17日(公明党)、18日(自民党)の各国土交通部会に要望事項を提出しており、週明けの両党ハイタク議連等の総会には坂本氏も出席し、要望を行っていくとした。全タク連が各都府県協会を通じて行った緊急の営収調査では、3月1日からの2週間で平均3割売上が落ち込むとともに稼働も落ちているとし、助成金の拡充等による休業補償などが必要との考えを示し、「皆さんからも要望を寄せてもらいたい」と述べた。
 議事では20年度事業計画、同収支予算案を原案通り承認。役員改選期にあたるため、理事推薦委員会を設置し、委員長には総務担当の齋藤憲司副会長、委員には秋山泰男、道野隆、後藤光男、小池史朗、藤原大、坂本篤紀、暮部光昭、多和洋祐、寶上富之―の専門委員長 <記事詳細へ>
〔3月21日号関西版掲載〕 

2020年3月21日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】新型コロナの休業補償等で意見を/大タ協理事会、坂本会長「3〜4割の営収減」
【 大阪 】感染拡大防止が喫緊の課題に/近運局定例会見 新型コロナ対応
【 大阪 】特定地域指定「不同意」の大津市域/末満・自交部長「活性化しっかり」
【 大阪 】75歳問題は法・個検討会で
【 大阪 】都市型ハイヤーの監査27件
【 大阪 】営業区域の柔軟対応を要望
【 大阪 】AED搭載車両の出発式/全大個協組の社会貢献
大阪 】金田氏が社長復帰へ/東京・日交、さくらタクG
【 京都 】マスク・消毒薬の優先供給など/個人8団体が京都市に支援要望
【 京都 】京都駅乗り場で手指、車内消毒/業務センターが週明けから
【 神戸 】最賃確保の折衝を/全自交関西・加藤委員長
【 神戸 】新型コロナの影響でヒアリング/公明党議員が全大個協会訪問へ
【 神戸 】個人事業主の業界流入も?/「令和恐慌」で可能性
【 神戸 】兵タ協 自民党県議団との懇談中止
【 神戸 】昭和交通労組 上田委員長ら再任

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止