ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2017年12月4日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
 自民党タクシー・ハイヤー議員連盟は11月27日、千代田区の党本部で総会を開き、金子一義会長が政界引退に伴い退任し、最高顧問に就任するとともに、同氏の推薦により渡辺博道・事務総長が後任会長に就任した。総会では、中国式白タク問題への対応を中心に議論し、ライドシェア導入反対や訪日外国人向け白タク行為に対して関係省庁が連携して取り締まりを行うことなどを求める7項目の決議案を採択した。議連人事は渡辺新会長に一任された。
<記事詳細へ>
No.704  12月4日   主な内容
■巻頭人物:太田 祥平氏(東タク協広報委員長)
■気になる数字:597社 〜国交省認定、一般タクシー「女性ドライバー応援企業」
■ミニトピックス
:「ライドシェア反対」など初の決議採択〜自民党タク議連、渡辺新会長就任
:ウーバー等の「タクシー進出」に強い懸念
     〜神タ協・伊藤会長「海外資本の会社が営業車の部門に… 」
:大阪労使「ライドシェア阻止」へ結集 〜法人・個人事業者と労組代表ら300人余
:タ白タク排除へ、関空で啓発活動 〜「対策会議」府警、運輸局など47人出動
:インバウンドの取り込みに努力 〜関空タク運営協、白タク排除の一方で課題
:米・ジャコビー教授招いて 〜交運労協、シェアリングエコノミー学習会
:新規許可復活「引き継いでいる」 〜個タク議連総会で国交省 奥田・自動車局長
:個タク「75歳定年」違憲訴訟の動き 〜京都・東京で年内?年明け?
:羽田定額運賃の質問も 〜都個協・利用者懇談会、アプリ配車でもやり取り
:「生涯現役」果たして 〜故・藤原悟朗氏「お別れの会」
:タクシーだからできる地域密着の高齢者対策 
      〜バリアフリーNW会議で三幸自動車・町田社長報告
:JPNタクシー出発式 
    〜チェッカーG八洲自動車、就職フェアきっかけに初の新卒採用も
:人・街・環境にやさしいタクシーづくり 〜奈良近鉄タクG安全運転研修会
:shot & shot 
    〜大タ協飲酒運転撲滅キャンペーン&和タ協優良従業員表彰式
:第3弾は「めっちゃあったかタクシー」 〜未来都「めっちゃええやんタクPJ」
■東西往来:組織あげて健康起因事故防止 / またも業界のPR下手を露呈
■この人この言葉
:根本 克己氏 / 北里 裕治氏 / 中塚 貴志氏 / 小川 敬二氏
■シャッターチャンス
:最終的にはグループ内人事に? / 勢い衰えぬ空港の中国式タク
:簡単に埋まれば苦労はしない…  / いきなり3〜4人に囲まれて…
■内外交差点:タクシー乗務員の生きがいづくり  田中 敬子氏B
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
帝都自交が「全国タクシー」加入
  「お任せ配車」採用、自社アプリと併用
          JapanTaxiに出資も

【 東京 】帝都自動車交通(~子田健博社長、グループ本社・中央区)は1日、日本交通系でJapanTaxi(川鍋一朗社長、千代田区)が運用するスマートフォン配車アプリ「全国タクシー」に加入し、4日からサービス提供開始すると発表した。JapanTaxi側も同日付で同様の発表を行っている。
 帝都自交側の発表によると、全国タクシーアプリに加入するのは帝都自動車交通直営各社のほか、フランチャイズ9社も含む計1057両(特別区・武三交通圏)が対象。また、今回の提携に合わせて帝都自交側はJapanTaxiに出資を行っており(出資額及び持株比率は非公表)、ユーザーが全国タクシーアプリを起動し、タクシー配車を注文すると、日交グループ、帝都グループの別なく最も当該利用者から近い車両を配車する「おまかせ配車」システムが採用されたとしている。
 また、同社側で従来から運用している配車アプリ「ココきて・TAXI」(私鉄協及び京成グループ… <記事詳細へ>
〔12月2
日号関東版掲載〕 

2017年12月2日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】帝都自交が「全国タクシー」加入/「お任せ配車」採用、自社アプリと併用/JapanTaxiに出資も
【 東京 】外資系PFのタク配車「排除困難」/渡辺・自民党タク議連会長が私見
【 東京 】統一的「接遇ガイドライン」策定へ/国交省検討委が初会合
【 東京 】新規許可再開検討「引き継いでいる」/個タク議連総会で奥田・自動車局長
【 東京 】中国のスマホ決済を試験導入/東個協、中国人旅客対応で
【 東京 】新たに「芝公園タクシー待機所」も/東タク協、年末特別街頭指導
【 東京 】路上喫煙の苦情、17カ所公表
【 東京 】「ペダル踏み間違い装置」補助/東京交通共済「UD車両」に拡大
【 横浜 】「タクベル」参加事業者説明会開く
【 デトロイト 】「完全自動運転車」19年中に/GMが市場投入計画公表
【 ロスアンゼルス 】ウーバーを顧客情報流出で集団訴訟 
【 東京 】日産本社などを訪問・視察/4団体事故防止責任者講習会
【 那覇 】本島乗務員の賃金9.3%増/沖総局、運改後の労働状況改善調査
【 東京 】12月CP、ブタンは10ドル安
【 横浜 】活性化で初乗り短縮の検討/宇都宮交通圏の特定地域計画認可
【 甲府 】甲州タクが「ノートe−POWER」
【 横浜 】連合ユニオンへの加入決定/報徳太陽自動車労組
【 福岡 】九運局、法人1社を事業停止
Faxpress 関西版

【 大阪 】近畿自動車無線協会の坂本克己会長(全自無連会長)は1日、大阪市北区のホテルグランヴィア大阪で開催した理事会の冒頭あいさつで、今後のタクシーサービスの進化・発展には無線の存在が不可欠だと強調し、「ポストデジタル化」の取り組みを呼びかけた。その上で、一部にある全タク連による全自無連の吸収、各県タクシー協会と無線協会の統合論について、根本的に事業内容が異なるとして真っ向から否定した。
 無線事業について坂本氏は、近畿地区でのデジタル化完了を報告するとともに、IP無線事業者からも一定の理解を得られたと述べた。また、日本政策金融公庫の「IT活用促進資金」の融資対象となったことなどに触れ、「IPであれ自営無線であれ、一体となってやっているから政府に理解され、特別の政策が実現した」とするとともに、「ポストデジタ <記事詳細へ>
〔12月2日号関西版掲載〕

2017年12月2日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】全タク連による吸収・統合論を否定/全自無連・坂本会長「無線は無線、主体的に」
【 大阪 】電子マネー決済、導入段階へ/全大個協組、活性化策にも有効
【 大阪 】3人に2人が60歳超/大阪市域等のタク乗務員
【 京都 】乗務員アプリの積極活用を/FFタク「利用者ニーズ」に対応
【 大阪 】飲酒運転撲滅を訴え/大タ協、4カ所で街頭活動
【 京都 】ライドシェア阻止の啓発ビラ/自交京都が乗り場、車内等で配布
【 大阪 】全大個「個タクの日」キャンペーン
【 大阪 】大阪交通共済が理事会
【 和歌山 】和歌山城の西の丸広場で/相互タクが「JPNタク」出発式
【 大阪 】緑ナンバーでも「入れたら終わり」/対ウーバーで安易な協業に警鐘
【 大阪 】東宝タク、来年1月から親交会
【 大阪 】酔客がフロントガラス損壊/乗務員保護へ運送約款変更を
【 奈良 】奈良マラソンで交通規制、10日
【 大阪 】吹田営業所廃止、譲渡へ/ドリーム&トラストジャパン
【 和歌山 】熊野第一、営業所廃止

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止