ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2019年11月11日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
タクシー黄金時代へ
 全タク連 第59回 全国事業者大会開催
 全国ハイヤー・タクシー連合会(川鍋一朗会長)は6日、大分市のレンブラントホテル大分で、第59回全国事業者大会を開催、全国48運賃ブロックで先送りとなった通常運賃改定の早期実施を求める緊急決議を採択した(4ページに全文)。冒頭あいさつで川鍋会長は、相次ぐ台風・豪雨等の被災者にお見舞いを述べるとともに、災害時にタクシーが最後のライフラインとして重要な役割を果たしてきたと指摘、存在感を示すことで「タクシーはこれから黄金時代を迎える」と強調した。大会には赤羽一嘉国交相が出席し、運改の先送りを巡って地方協会4会長との質疑に応じたほか、自民、公明、野党系―の3議連(議員懇)会長も揃って出席。与野党3議連が一体となって速やかな運改の実施を支援すると述べた。この中で公明党ハイヤー・タクシー振興議員懇話会の富田茂之会長は、菅義偉・官房長官に申し入れを行ったことを明らかにし、「菅・官房長官への包囲網を皆さんと一緒に作って環境整備していくことに全党あげて取り組むことをお約束する」と述べた。
<記事詳細へ>
No.794 11月11日特別編集号   主な内容
■トピックス
:タクシー黄金時代へ
  全タク連 第59回全国事業者大会開催〜運賃改定の早期実施求める緊急決議
:赤羽国交相と質疑応答  〜運改の早期実施、4協会長が訴え
:菅・官房長官への包囲網を 〜与野党一体、3議連等会長が支援表明
:「ダメだダメだ」ではダメ! 〜全タク連・武居副会長インタビュー
:「いま」が最後の最後の頑張りどき
   〜全タク連・田中副会長(地域交通委員長)インタビュー
:大阪市域、1年後には準特指定も解除? 
   〜「増減車自由」でも乗務員が…  その時に起こること
:全タク連が取り組むべきこと 〜タクシー事業活性化20項目の検証と課題
:事業活性化 第1弾11項目の進捗状況 〜全タク連まとめ
:多彩な地域づくりにタクシーを組み込む 〜兵タ協・宇高地域交通委員長
:「タクシー」アピール 日々の実践 〜日本城タクシーグループ(大阪市)
:未だ横行、関空の中国式白タク 〜“野放し”都市型ハイヤーにも厳正対処を
■この人この言葉
:吉川 永一氏、平井 健治氏、澤 志郎氏、前野 博司氏
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
 実質運改、年度末実施は確実?
   国交相発言を楽観的受け止め
      全国事業者大会参加事業者

【 東京 】6日、大分市で開かれた全タク連事業者大会には赤羽一嘉国交相が来賓出席したが、大臣がじきじきに来訪したことや自信ある話しぶりから「先送りされた運賃改定はもう大丈夫だ」と感じた事業者は少なくなかったようだ。会場にいた東タク協幹部は記者に「たしかに運改の時期については明言しなかったが、そこまで言って大丈夫か―という話ぶりだった。会場にいたすべての事業者が運改に対する安心感を覚えたと思う」と述べた。
 この事業者は「充実感のある大会」になったと前置き、その最も大きい理由の一つとして国交相の来賓あいさつをあげ、メーター改造について補正予算を組む方針を明言したことに加え、国会会期中であるにもかかわらず首相や官房長官に断った上で来訪したという説明や、「私がここに来た以上しっかり取り組む」という口ぶりは、聞… <記事詳細へ>
〔11
月9日号関東版掲載〕   

2019年11月9日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京・横浜 】実質運改、年度末実施は確実?/国交相発言を楽観的受け止め/全国事業者大会参加事業者
【 大分 】全タク連中心に大きなうねりを/全国事業者大会 来年は滋賀県で
【 東京 】参院国交委でも運改質疑
【 福岡 】第2四半期は増収増益/第一交通産業 連結決算
【 東京 】菅原信一氏を偲ぶ会/国際自動車相談役 9月15日逝去
【 東京 】官房長官に運改等で申し入れ/公明党議員懇 ライドシェア阻止も
【 東京 】官房長官申し入れ、野党系議連も
【 東京 】運改見送りは「嫌がらせ」/労働8団体が代表者会議
【 東京 】安全確保と労働条件改善/交運共闘が各省請願など中央行動
【 東京 】拘束「11時間以内」など/改善基準告示改正で要望
【 東京 】タクシー車内でスマホ充電/日交車両で実証実験
【 大分 】事業者大会 14社が機器展示
Faxpress 関西版
 15日から まず京都市域で 
   事前確定運賃、近畿管内12社が準備

【 大阪 】近畿運輸局管内の事前確定運賃サービスが15日、京都市域でスタートする。同交通圏の認可事業者は7社で、準備が整った京タ協会長会社のキャビック(兼元秀和社長、本社・京都市右京区、127両)が先陣を切る。JapanTaxi(川鍋一朗社長、東京都千代田区)の配車アプリを使用する。
 同交通圏のキャビック以外の認可事業者は、都タクシーグループ3社(都タクシー、都大路タクシー、西都交通、いずれも筒井基好社長)、アオイグループ(アオイ自動車、ギオン自動車、ともに仲辻正憲社長)、高速タクシー(松田有司社長)。中・小型が普通車に一本化されており、運賃もほぼ上限で揃っていることから、運賃格差の問題が生じる恐れもないため、各社の準備が整い次第、順次サービスを開始する見通し。使用アプリはJapanTaxiのほか、DeNA(守安功社長兼CEO、東京都渋谷区)の「MOV」。
 事前確定運賃は、配車アプリを使用して@利用者が入力した「乗車地」と「降車地」を基に走行予定ルートを検索A走行予定ルートの距離と所要時間から算出した「事前確定運賃額」を画面に表示B提示された運賃額を利用者が了承して申し込みを行い、配車が成立 <記事詳細へ>
〔11月9日号関西版掲載〕 

2019年11月9日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】15日から まず京都市域で/事前確定運賃、近畿管内12社が準備
【 東京 】参院国交委でも運改見送りで質疑
【 京都 】無線、アプリ配車対応など/京タ協 HPに一覧表
【 大阪 】神戸相互が堺相互買収
【 神戸 】UD導入補助制度を説明/神戸市 12月上旬にも募集開始
【 大阪 】「シェアエコから資本撤退?」/日本城タク・坂本社長
【 大阪 】スエヒロ前は「鬼門」?/壽タク・浦木山社長
大阪 】不法乗り入れが増加傾向/北新地自主街頭指導検討会
【 大阪 】大運支局 10月の苦情38件
【 神戸 】配車・決済システム/神戸個人 一次募集に180人
【 訃報 】植田耕二氏(元トラモンド社会長)5日死去。88歳
【 神戸 】「適用拡大」は101人以上?/厚生年金制度見直しで議論
【 京都 】今度は「チンアナタクシー」/エムケイ&京都水族館コラボ
【 名古屋 】BCP向上をアピール/カグラベーパーテック
【 大津 】大津第一交通 役員変更届
【 京都 】19日にタク駐停車MM会議

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止