ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2021年11月15日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 

新規採用
中途採用、社会人経験ありに限る
「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
燃料高騰による経営危機突破へ
 
バス・タクとともに12月2日に総決起大会
全ト協・坂本会長 記者会見――
 全日本トラック協会の坂本克己会長は9日、全日本トラック総合会館(新宿区)で記者会見を開き、12月2日にタクシー、バス業界とともに、燃料高騰による経営危機を突破するための総決起大会を開催することを明らかにした。その際、原油高のもたらす影響は広範にわたるとして、サービスステーションや商工会議所、自動車販売店、労組なども「同一の土俵」にあげて実施したいと意欲を見せた。
  記者会見終了後、斎藤鉄夫・国交相を訪ね、軽油価格高騰に関する要望書を手渡した。さてタクシー業界はどう声をあげていくべきか。 <記事詳細へ>
No.886 11月15日号  主な内容
■巻頭人物 
:岸田 文雄氏(内閣総理大臣)
■気になる数字
41議席 先の総選挙で日本維新の会が獲得した議席数。大躍進だが大阪偏重は変わらず、
全国展開ならず。
■トピックス
:燃料高騰による経営危機突破へ―12月2日に総決起大会 
〜全ト協・坂本会長記者会見「バス・タクとともに」
:自民党タク議連拡充へ各地で声がけを 
〜全タク連 燃料高騰の総決起大会への協力も呼びかけ
:“人流”抑制下での地域交通維持求める声も 
〜神戸市「タクシーを活用した地域問題検討会」
:<新生・全自交労連特集> 
何より魅力ある産業に 〜溝上泰央委員長インタビューほか
:「相乗りタクシー」スタート
〜4条・21条許可不要、アプリでマッチング
:労務あるある」テーマに 〜システムオリジンが“ウェビナー”
:「生産性向上」へ4協組  大タ協との意見交換会を終えて
〜タクセス委員会 委員長に澤氏、ワーキングを再編へ
:グループ内で「5・2」選択も
〜関協「5・5是正」、運賃問題―それぞれの思い
:安全で、安心なタクシーをPRするために 〜京タ協、知事に感染防止の支援要望 
■東西往来
:“強面”をやめた政権は安心か? / おでかけは「ひのとり」で
■この人この言葉
:吉川 永一氏 / 幸田 和雄氏 / 山口 敏氏 / 櫻井 邦弘氏
シャッターチャンス
:新しい会議でも旧来のメンバー / アプリ急増ニューノーマル時代
:「怖い仕事」の悪イメージも… / 周知の内容も一般紙報道で注目
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
■ タク運転者等の待遇改善課題
   「成長と分配」論理の中で提言へ
       定例会見で斉藤国交相が見解

【 東京 】斉藤鉄夫国交相は10日、定例会見の中で政府全体として看護師などエッセンシャルワーカーの待遇改善を積極的に進めようとする中で、公的価格評価検討委員会の審議対象になっていないタクシー乗務員など国交省所管のエッセンシャルワーカーの待遇改善等について問われ、「タクシーを含む公共交通機関の運転者等の待遇改善は国交省の課題になっている」との認識を示した。
斉藤氏はまず、国交省が所管している分野で、エッセンシャルワーカーの方がたくさんいるとし、トラックや公共交通機関であるタクシーなどの運転者、交通関係の方々の待遇改善は大きな課題として認識していると述べた。
 また、斉藤氏は「例えば、昨日(9日)もトラック協会からの要請を受けたが、荷主に対して、燃料が高騰しているがそれがなかなか運賃に転嫁できないというような問題について、構造的な改革もしていかなければならないし、国交省としてもきちんと経済界全体への指摘等を行っていかなければならない。こういう面で臨機応変な対応と、構造… <記事詳細へ>
〔11月13日号関東版掲載〕  

2021年11月13日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】タク運転者等の待遇改善課題/「成長と分配」論理の中で提言へ/定例会見で斉藤国交相が見解
【 東京 】エッセンシャルワーカーの賃金改善へ/政府・公的価格評価検討委が初会合
【 東京 】オンライン形式で新規講習/東タクセン 来年2月から本格実施
【 東京 】東京消防庁から感謝状/防火功労など 帝都自交・板橋営業所
【 東京 】会社シンボルカラーのJPNタク/グリーンキャブが出発式
【 福岡 】コロナ禍からの立ち直り傾向/第一交通産業 第2四半期連結決算
【 東京 】踏切走行中の東急電車に衝突/ドライブレンジで停車の個タク
【 東京 】24日に青山待機場清掃へ/全自交東京地連・連絡委
【 サンフランシスコ 】「障害者差別」と提訴/ウーバーの「待ち料金」で米司法当局
【 東京 】ウーバーイーツの現状探る/市民会議がオンラインシンポ 18日
【 東京 】変動運賃制反対を申し入れ/自交総連 全タク連交渉
【 京 】12月3日に第1回理事会/東京ハイタク交通共済協組
【 東京 】日交が「サイクリングタクシー」
<ほかFaxpress 見出し一覧>
Faxpress 関西版
■ 京都市域 9月営収は前年割れ
   日車営収1万740円 17.5%減

【 京都 】京タ協(兼元秀和会長)はこのほど、京都市域の9月輸送実績(確定値、税抜き)を明らかにした。それによると、普通車の実働1日1車当たり営業収入は1万7401円で、前年同月実績の2万1088円に比べ、3687円(17.5%)減で、コロナ禍以前の一昨年同月の2万8022円に対しては、1万621円(37.9%)の減となった。また、配置車両数は4571両で、前年同月の4532両から39両増えているが、一昨年の5221両(650両減)には遠く及ばず、「緊急事態宣言」下での厳しい状況がうかがい知れる。実働率も55.6%で、前年同月の59.7%から4.1ポイント減。一昨年同月の69.5%に対しては13.9ポイント減となっている。
 新型コロナの影響を受け、ここまで苦境にあえいできた京都業界だが、新規感染者数の減少に伴い、10月1日には緊急事態宣言も解除。その後、夜の飲食店に対する時短要請や酒類の提供も緩和され、ようやく街中で修学旅行生や国内観… <記事詳細へ>
〔11月13日号関西版掲載〕 

2021年11月13日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 京都 】京都市域 9月営収は前年割れ/日車営収1万740円 17.5%減
【 京都 】「新しい京都観光」へ共同宣言/京都市・観光協会と関係団
【 神戸 】兵タ協・吉川会長が支援要望/兵庫業界、金井近運局長と懇談
【 奈良 】原計10社集めて説明会/奈良の運改 審査へ手順
【 大阪 】優良乗り場社会実験へ 第2回勉強会
【 和歌山 】11社から推薦の25人/和タ協 優良乗務員表彰
【 神戸 】優良乗務員46人表彰へ/兵タ協 総務委員会開く
【 大阪 】大タクセン2委員会開催
【 東京 】自民党タク議連拡充へ声がけを/全タク連正副会長会議で要請
【 京都 】賦課金値上げなど承認/全京理事会 事故共済金は値下げへ
【 大阪 】堺市で地域公共交通会議
【 大阪 】12月9日実施の方向で/大タ協 年末街頭キャンペーン
【 京都 】桃山御陵前のタクに苦情
【 大阪ほか 】「阪急電鉄アプリ」にリニューアル
<ほかFaxpress 見出し一覧>

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止