ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2021年7月12日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
東京に4度目の緊急事態宣言 8月22日まで
   ――オリンピック競技、1都3県無観客で
 東タク協 みなしハイヤー含む関係者輸送で協力
 政府は8日午前、新型コロナウイルスに関する基本的対処方針分科会を開き、7月12日から8月22日までの期間、東京都と沖縄県に緊急事態宣言を発令することを了承した東京の宣言は4度目。同日夕の新型コロナウイルス感染症対策本部で正式決定した。今月23日に開幕する東京オリンピック競技大会は開催期間のすべてが緊急事態宣言の期間中ということになる。前日の7日、東タク協(川鍋一朗会長)は、千代田区のアルカディア市ヶ谷で常任理事会と2020東京オリンピック・パラリンピック対策委員会の合同会議を開き、23日に開幕する東京オリンピック関係の輸送対応などについて報告した。東京五輪組織委からの輸送協力依頼や大会期間中の交通規制、感染防止対策などについても報告し、注意喚起した。<記事詳細へ>
No.870 7月12日号  主な内容
■巻頭人物 
:田中 映二氏(東京都個人タクシー交通共済協組理事長)
■気になる数字
56.8 19年実績を「100」とした場合の、関東管内今年5月のタクシー輸送人員
■トピックス
:東京に4度目の緊急事態宣言… 〜オリンピック競技、1都3県無観客で
:事業改革の体制は整った、成果をあげる段階に
〜国際自動車 決算報告リモート会見
:「大改革」の担い手に  〜兵タ協若手副会長の視点
:側道閉鎖 南詰から徐々に  〜御堂筋からも… タクシー排除の動き拡大?
:<スポット> 関運局長・東運支局長表彰 〜東タク協が代行授与
:長時間運行して事故なく帰庫は奇跡 〜日個連交通共済・渡邉康夫理事長
:接客の基本動作で高評価  〜東タクセン 20年度利用者モニター調査から
:<スポット> 58年の歴史に幕―  〜東阪神タクシー協組、年内解散へ
:梅田交通グループ 東西で職域接種  〜関協加盟各社等に案内 
:東京進出も視野にタクシー事業積極展開  〜大阪バスタクシー出発式
■東西往来
:作り出せ、反対の“大合唱” / 新局長・自交部長に「75歳問題」訴え
■この人この言葉
:保岡 政利氏 / 手水 辰也氏 / 大久保 昌彦氏 / 谷口 雅春氏
シャッターチャンス
:DiDiアプリの新規DL停止 / 五輪開催で周辺道路は通行止め
:業界のための施策にどう導く? / 在任中の運動の評価は如何に?
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
■ 「お荷物」転じて「収益源」に
   コロナ禍前後で様変わりのオリ・パラ輸送
       ――緊急事態宣言再発令で傾向さらに

【 東京 】今月23日に開幕する東京オリンピックだが、パラリンピックともどもオリパラ関連輸送の位置付けが、コロナ禍前の「お荷物」から、コロナ禍後の「収益源」へと変わってきたようだ。5日の国際自動車決算報告会で同社役員から位置付けの変化に触れる発言があり、本紙が都内無線協組加盟の中小事業者に話を聞いた限りでは、こうした見方に同意しており、派遣するドライバーの数により影響度に差はあるもの、今夏の開催は東京業界で輸送協力する事業者にとってプラスになるようだ。
 そもそもコロナ禍が発生せず、予定通り20年夏にオリパラ大会が開催され、組織委等の要請に応じて多数の乗務員を派遣していた場合、オリパラがなければ通常営業(流し+無線)で得られたはずの平年並みの営業収入が確保できず、組織委との契約に基づく少々安めの契約単価での収入(契約単価×人数×日数など)しか見込めず、事業者の本音としては「国策行事だから要請を受けてやむなく協力する」という姿勢に終始していたものとみられる。文字通り、オリパラ開催は「減収要因」だったわけだ。ところが20年初頭からコロナ禍が広がり、同年3〜4月から見る間に営業収入は急落、雇用… <記事詳細へ>
〔7月10日号関東版掲載〕 
 

2021年7月10日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】「お荷物」転じて「収益源」に/コロナ禍前後で様変わりのオリ・パラ輸送/緊急事態宣言再発令で傾向さらに
【 東京 】五輪関係者の配車業務説明/日個連都営協 第2回理事会
【 東京 】新型コロナ踏まえて改訂/国交省 公共交通接遇GL
【 東京 】新年早々にも自動車会館へ/チェッカーG事務局が移転
【 東京 】ワクチン進展で持ち直しに期待/6月の景気ウォッチャー調査
【 東京 】新規登録事業者にタク1社/6月のグリーン経営認証
Faxpress 関西版
 バス・タクの乗降場、2階に集約
   24年度末供用開始 JR新神戸 駅前広場の整備案

【 神戸 】神戸市は8日、JR新神戸駅の駅前広場再整備の進め方(案)について概要を公表した。週明けの13日から8月12日までパブリックコメントを募集する。新幹線改札口と同じ2階に公共交通(バス・タクシー) の乗降場所を集約するとともに、待合環境などの向上を図り、1階と2階で一般車と公共交通を分離して交通の円滑化を図る。24年度末の供用開始を目指している。
 概要では、タクシー乗り場に変化はないものの、1階のタクシー待機場は一般車駐車場となる。また、来神者の玄関口にふさわしい空間を創出するため、駐車場の上部にデッキを整備し、新幹線改札から駅前広場南側の生田川公園(再整備予定)にかけて一体となったシンボル空間を整備する―などとしている。バス乗り場の停車対象は、連節バス(将来的なBRT=神戸空港方面等導入にも対応)、シティーループ、高速バス、路線バスなどとしている。
 8月頃からプロポーザル方式によるデザイン提案 <記事詳細へ>
〔7月10日号関西版掲載〕 

2021年7月10日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 神戸 】バス・タクの乗降場、2階に集約/24年度末供用開始 JR新神戸 駅前広場の整備案
【 東京 】雇調金特例 9月末まで延長
【 大阪 】アプリ配車の応答率向上策など/関協 「GO」ラッピングも実施へ
【 奈良 】奈良の運改 65.51%に
【 神戸 】「まん防」解除で助成打ち切りを危惧
【 大阪 】飲酒運転根絶へ運行管理の徹底を/一水会 スマホ使用等の注意喚起も
【 大阪・和歌山 】SDGs、ESG投資の活用を/コロナ後の次世代車両検討
【 大阪 】75歳問題、インボイス制など/全大個協会 公明党府本部と懇談
【 東京 】新型コロナ踏まえて改訂/国交省 公共交通接遇GL
【 東京 】「過労死の労災認定」基準見直しへ
【 大阪 】近運局長、自交部長/日タク本社で業界関係者と懇談
【 大阪 】北新地の啓発活動、雨天で中止
【 訃報 】安全タク・小向得薩男会長 97歳
【 京都 】「伊丹空港シャトル」も運行/弥栄自動車 新規キャンペーンも
【 大津 】滋賀県が県内旅行のキャンペーン/タクも対象「周遊クーポン」
【 大分 】被災法人にIP無線機など/モバイルクリエイトが無償貸与
【 静岡 】IT点呼などテーマにWebセミナー/東海電子、システムオリジンなど
【 和歌山 】有交G→有交和歌山の譲渡譲受終了
【 神戸 】和光G 役員変更届
【 神戸 】神鉄タク 役員変更届

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止