ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2019年1月21日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
 国交省が設置した交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会の「自動運転等先進技術に係る制度整備小委員会」(委員長=鎌田実・東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)の報告書が15日、取りまとめられた。同報告書では、自動車のライフサイクルにおける各段階で安全性を確保するための5つの制度として、@保安基準A型式指定(認証)B点検整備C検査?リコール―について、現行制度の評価を行うとともに、今後の方向性を示した。これにより、制度面でまた一歩自動運転社会に近づいた格好だが、具体的な制度整備については、本報告書に基づき、国交省でさらに詰めていくことになる。
<記事詳細へ>
No.756 1月21日  主な内容
■巻頭人物:渡辺 博道氏(自民党タクシー・ハイヤー議員連盟会長)
■気になる数字:50億円超の30社
   自動運転とモビリティ業界の2018年資金調達・出資額ランキング
■トピックス
:「自動運転社会」に向けて」
   〜安全性確保へ「5つの制度」―交政審制度整備小委報告
:ライドシェア解禁狂騒曲時代の鬼っ子「CREW」
   〜なぜ白タクとして罰せられないのか
:関中Gは「1.4キロ540円」  〜どうなる?大阪の運賃改定
:無線配車月間50万回、年間600万回超目指す
   〜東京無線協組「無線を取りやすい環境づくり」
:乗務員の待遇改善、どこまで?  〜運賃改定の大義名分
:最後に「やっぱりタクシー」だと言われるように
   〜関協・古知理事長「乗りたい時に乗れない」タクシーでは
:ハローワークも注目 〜ふれ愛交通「ピンクタクシー」女性乗務員でフル稼働
全ト協・坂本会長尽力の「改正貨物運送事業法」
■東西往来
:視察の大臣は称賛連発 / 交通規制等で「迷惑な話」だが…
■この人この言葉
:若林 克昌氏 / 野川 太氏 / 境野 祥一郎氏 / 福永 眞悟氏
■シャッターチャンス
:弱小バス事業者は退出しても…  / 新しいものばかりに目を向けず
:タク利用期待の前にすべきこと / レセプションのお誘いに乗る?
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
 住民合意で規制の特例可能に
    国家戦略特区法一部改正で新たな枠組み
      「スーパーシティ」実現へ竹中懇談会

【 東京 】政府は15日、「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会(座長=竹中平蔵・東洋大学教授)の会合を開き、中国・杭州市現地調査報告を行ったほか、構想実現に向けた制度整備として、国家戦略特区法を一部改正し、特区の枠組みの中で従来よりも住民合意を前提に地方自治体による域内での独自規制設定を新たに追加する方針を示した。関係府省との取り組みの連携についても報告された。
 スーパーシティ構造を実現するための国家戦略特区法の一部改正の考え方については、「従来の特区の枠組みを基礎としながら、住民合意を前提に、より独立性をもって域内独自の規制設定を可能とするスーパーシティ用の特別な枠組みを新たに追加する」とした。現行の国家戦略特区では指定を受けた区域での区域会議で特区担当相、自治体首長、民間で区域計画を作成し、首相の認定を得るが、今回案のスーパーシティでは、区域会議で同様に計画を策定した上で、当該自治体議会で承認を得、さらに実施区域内の住民投票で過半数を得ることを条件… <記事詳細へ>
〔1
月19日号関東版掲載〕

2019年1月19日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】住民合意で規制の特例可能に/国家戦略特区法一部改正で新たな枠組み/「スーパーシティ」実現へ竹中懇談会
【 東京 】MaaSへの組み込みなど例示/新モビリティサービスの地域別モデル
【 東京 】2月はスマートモビリティ推進月間/経産省 「クルー」のPRも?
【 東京 】ライドシェア等の申請事案なく/革新的事業活動評価委
【 東京 】グループ全体で3665両/km、さらなる規模拡大に意欲
【 東京 】船橋会長「変化に的確対応を」/女性経営者の会が新年会
【 東京 】運改要請7割超えに期待/東タク協三多摩支部・新年会
【 東京 】12月末会員数1万2193人/都個協、前月から50人減
【 東京 】大和自交、不動産売却で特別利益
【 東京 】明け番集会に外国人乱入?/実用興業、英会話でハプニング演出
【 東京 】少子化担当相が視察訪問/杉並交通の企業主導型保育所
【 東京 】刃物類の車内持ち込み/国交省が規制強化へ
【 東京 】KPUとの統合に前向き/全自交関東・東京が旗開き
【 富山 】「眠気チェッカー」製品化/睡眠状態の計測ツール
【 横浜 】都市型ハイヤー新規許可
Faxpress 関西版
 利用者側の理解、業界の責任で
    運改巡って 栗原・近運局自交部長

【 大阪 】近畿運輸局の栗原弥生・自動車交通部長は17日の定例会見で、大阪地区の運賃改定要請について、「初乗り距離の短縮で利用者還元にも対応する内容」との認識を示すとともに、要請率が7割を超えた後の流れにも触れ、利用者懇談会や地域協議会で利用者側の理解を得られるようなしっかりした説明を業界側に求めた。また、国際的なイベントを控え、外国人観光客の受け入れ環境の整備が急務だと指摘。インターナショナルビジターズタクシーの見直しや、優良評価制度の早急な確立を課題にあげた。
 運賃改定の流れについて栗原氏は、要請率が7割を超えた場合「実績年度の適正利潤を含む加重平均収支率を調査し、100%以下であれば特定地域協議会などに公定幅運賃を変更する旨の通知を行い、意見を聞く。改定審査や利用者懇談会、消費者庁の事前協議を経て消費税率の引き上げに合わせて公定幅運賃を公示していく」と説明。管内でも多くの地区で要請が進んでいることについて、「要請理由を踏まえると、背景として労働条件の改善があげられるが、そのほかUD車両の導入や働き方改革などを含めた将来の安全・安心のためのコストの増加に経営の合理化が追いついていかないということも… <記事詳細へ>
〔1月19日号関西版掲載〕

2019年1月19日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】利用者側の理解、業界の責任で/運改巡って 栗原・近運局自交部長
【 大阪 】7割突破へ「あと少し」/大タ協理事会で坂本会長
【 大阪 】未来都Gも1.4キロ540円/大阪の運改、要請率50%突破
【 神戸 】神戸相互G2社が追随/神戸・阪神間の要請率40%超える
【 神戸 】淡路島地区で運改申請開始
【 和歌山 】和歌山・紀南は7割に近づく
【 大阪 】大阪交通共済が代表者新年会
大阪 】詐欺まがいの求人サイト/藤原氏が注意呼びかけ
【 大阪 】ふれ愛交通がDiDiアプリ/15両導入決定、複数アプリで比較
【 大阪 】2月中に労務研修会開催へ/働き方改革対応で大タ協
【 大阪 】未来都G、二人代表制に
【 神戸 】「ウーバータク」住民利用中心/兵タ協東播支部が視察
【 神戸 】高速・路線バスとの組み合わせ/「やぶくる」観光誘致でテコ入れ
【 神戸 】インバウンド対応「虎の巻」/兵タ協・研修実行委で検討進む
【 神戸 】各社の導入予定を確認/配車・決済システムで兵協
【 和歌山 】和タ協、キャッシュレス説明会
【 大阪 】関協・総務委、委員構成
神戸 】ABC無線、サーバー連携せず
【 京都 】京産大のインターンシップ/弥栄自、都タク両社が協力
【 大阪 】春闘職場討議案討論/私鉄関西ハイタク両団体
【 大阪 】本格合併前の新年会/全大個協組・城北支部が27日
【 京都 】久御山町に提案書交付へ/地域連携サポートプラン
【 大阪 】人材不足に起因する安全向上策/近運局安マネシンポ、2月21日
【 大阪 】近運局 法人2社。個人1者車停
【 大阪 】東洋→東丘、譲渡譲受認可

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止