ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2021年2月15日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
「崩壊の危機」襲うコロナ禍
 需要が減少・縮小する時代の交通事業のあり方は―
      「第2次交通政策基本計画」審議大詰め
 国交省は2月1日に交政審の交通政策基本計画小委員会、8日には社会資本整備審議会及び交政審の計画部会合同会議を相次いで開催(いずれも事務局は総合政策局が担当)し、次期交通政策基本計画の概要案を大筋において了承した。交通の憲法とも呼ばれる交通政策基本法では政府に対し、交通政策基本計画の閣議決定と国会に対する報告を義務付けている。現行計画はオリンピックイヤーに当たる2020年度までの5年間を対象期間としており、次期計画を立案する必要が生じていた。国交省では有識者による審議を昨年から始めており、新計画について今春にも閣議決定される運びだが、本欄ではその概要を改めて紹介しよう。 <記事詳細へ>
No.852 2月15日号  主な内容
■巻頭人物:冨本 哲哉氏(日個連東京都営業協同組合理事長)
■気になる数字:60万円
新型コロナで売上減少の中小事業者一時支援金支給制度
法人事業者に対する最高支給額。当初計画から20万円引上げも…
■トピックス
:「崩壊の危機」襲うコロナ禍 
〜「第2次交通政策基本計画」審議大詰め
:結局は3月スタートの台本通り?
〜第2回大阪市地域公共交通会議
:国交相、GoToトラベル早期再開に意欲
〜京都観光関係者との意見交換会
:寝屋川市 大タ協・京阪バスと協定
〜乗合いワゴン→デマンドタクシー&バス利用促進へ
:<シリーズ> 2021春闘―産別・労組はいま  〜全自交東京地連
:<シリーズ> 2021春闘―産別・労組はいま  〜自交総連東京地連
:同一労働・同一賃金の留意点など 〜コロナ禍でも求められる対応
:パルスオキシメーターで乗務員の新たな健康管理 
〜松竹タクシー(大阪市港区)
:知事、大阪市長に支援要望 〜全大個協会、公明党府・市議団に協力要請
■東西往来
:迫る6月末、延長決定はいつ? / 「密」回避へスマホ確定申告PR
■この人この言葉
:武居 利春氏 / 秋山 利裕氏 / 田村 幸久氏 / 中尾 政明氏
■シャッターチャンス
:つい最近来た道を歩いてないか / 乗り切りへさらなる労使協調で
:5・5是正のカギは乗務員側に / 非流し地域では難しく
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
■ 健康起因事故の罰則強化へ
  健診未受診者の重大事故40日車(初犯)
    国交省 処分基準対象に追加

【 東京 】国交省は13日、トラック・バス・タクシーの自動車運送事業で運転者の健康に起因する事故が増加傾向にあることなどから、「自動車運送事業者に対する行政処分等の基準」(通達)を改正し、「健康診断の未受診者による健康起因事故が発生した場合」を同基準に追加することを決め、同日からパブリックコメントの募集を開始した。3月14日まで自動車局安全政策課で意見を受け付ける。
 自動車局によると、トラック・バス・タクシー事業において運転者の疾病により事業用自動車の運転を継続できなくなった事案として、自動車事故報告規則に基づき報告される件数は増加傾向にあり、それらの報告の中で運行の中断等や交通事故に至らなかった事案が大半を占めているものの、運転中に操作不能となったものが約2割に上っているという。道路運送法や貨物自動車運送事業法の規定により、「事業者は、事業用自動車の運転者が疾病により安全な運転ができないおそれがある状態で事業用自動車を運転することを防止するために必要な医学的知見に基づく措置を講じなければならない… <記事詳細へ>
〔2月13日号関東版掲載〕
 

2021年2月13日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】健康起因事故の罰則強化へ/健診未受診者の重大事故40日車(初犯)/国交省 処分基準対象に追加
【 東京 】コロナ特例の臨時休車 6月末まで延長/国交省 復活期限は3カ月以内
【 東京 】緊急事態宣言の解除先送り/政府対策本部 雇調金特例延長へ
【 東京 】「対象期間」の制定権者は厚労相/雇調金の受給めぐって
【 東京 】大和自交 第3四半期連結決算
【 東京 】新年度事業計画など策定へ/東タク協三多摩支部・地区長会
【 東京 】法人運転者 依然減少傾向に/多摩地区 1月の運転者証等交付
【 東京 】卒業・入学式のハイヤー送迎/日交が1日5組限定で運行
【 横浜 】PCR検査で陰性確認/日個連都営協の三役、職員
【 東京 】コロナ禍で厳しいからこそ要求/21春闘へ全自交東京・溝上委員長
【 横浜 】JR鶴見駅東口乗り場で清掃活動/東宝タクシーなど5社8人
【 東京 】社員総会と記念イベント/XTaxi 15日にオンライン開催
【 横浜 】都市型ハイヤー新規許可
【 横浜 】関東運輸局 譲渡譲受3件認可
【 横浜 】関運局 大陸交通の分割認可
Faxpress 関西版
 賛成多数で実証実験年度内開始へ
   第2回地交会議 大阪市のAIオンデマンド交通

【 大阪 】大阪市、大阪メトロによるAIオンデマンド交通の社会実験の是非を協議する第2回大阪市地域交通会議(会長=内田敬・大阪市立大学大学院工学研究科教授)が12日、大阪市北区の同市役所会議室で、傍聴人を10人に限定して開催された。提案者の大阪メトロは第1回会議後、「民業圧迫」として最も反対している大タ協と交渉を重ねて当初計画に修正を加えてきたが、バリアフリー法対応に不備のあるままでも「年度内に実験開始」の基本線は変わらずに妥協点は見出せなかった。会議では前半6カ月間の「フェーズ1」のみが採決されることになり、賛成7票、反対4票の賛成多数で可決された。
 タクシー業界からは、大タ協の黒田唯雄・常務理事、日本城タクシーの坂本篤紀社長(大タ協副会長)の両委員、南タクシーの大岡理人社長(生野区、平野区の地域委員、大タ協理事)、ワンコインタクシ <記事詳細へ>
〔2月13日号関西版掲載〕  

2021年2月13日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】賛成多数で実証実験年度内開始へ/第2回地交会議 大阪市のAIオンデマンド交通
【 大阪 】「過半数同意もない合意は問題」/日本城タクシー・坂本社長
【 東京 】コロナ臨時休車 6月末まで延長/国交省 復活期限は3カ月以内
【 大阪 】北新地で白タク逮捕 TVが特集も
【 神戸 】2種免取得要件の緩和、追いつかず?/応募の若年者逃すケースも
【 大阪 】個タク17人を大運支局長表彰
【 神戸・大阪 】兵庫業界 マスク約款の申請続く
大阪 】「ニューノーマルハイヤー」/東京・日交 空気清浄機、順次搭載
【 京都 】修学旅行「京都スタイル」など/個タク7団体の自治体要望まとまる
【 大阪 】知事にも給付金など支援要望/全大個協会 公明党府会議員通じて
【 京都 】副反応の懸念で躊躇の向きも/コロナワクチンの接種めぐって
【 京都 】京タ協 経営委以外は書面で
【 神戸 】尼崎工都 全31両を2社に譲渡へ
【 神戸 】法人運転者にも年齢制限を/個タク幹部「合理性欠く」
【 大阪 】タク女性運転者の求人セミナー/ハローワーク5カ所結んで3月3日
【 京都 】渉外担当連絡会が役員会
【 大阪 】ヘリ遊覧のハイヤー送迎プラン/東京・日交が大阪、京都で
【 大阪 】障害者とのコミュニケーション法/近畿ハイタク協が講座案内
【 京都 】個タク更新研修会 32人が受講
【 大阪 】鉄道での感染防止テーマに/関交研が対策シンポ配信

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止